ルテインは目に良い成分だと言われています。

そしてもともとルテインは人間の目に存在することもわかっています。

ルテインと目の仕組みについて説明します。

 

ルテインと目の仕組み!

ルテインは胎児の頃から目に蓄積しはじめます。

主に目のレンズの役割を果たす水晶体と、その直線状の後ろにある、黄斑部という場所にルテインとゼアキサンチンがたまっています。

ルテインがあるおかげで、ブルーライトなどの有害な光を吸収したり、目の老化を起こす活性酸素から目が守られています。

このルテインが不足すると、AMD(黄斑変性)や白内障などの眼の老化が起こりやすくなります。

 

 

ブルーライトは目の奥にまっすぐ届き、散乱すると目がかすんだり、ドライアイ、目の疲れを引き起こします。

ルテインの吸光度のピークと、ブルーライトのは波長体が重なっていることから、ルテインとゼアキサンチンがブルーライトを吸収する働きがあるのです。

ブルーライトは今では生活の身近なところにあふれています。

テレビにパソコン、スマホ。

スマホなんて電車でも毎日いじって、寝る前にベッドでもいじって、と何度も目にしますよね。

寝る前に見ると寝れなくなったりしますが、ルテインはこのブルーライトから目を守ってくれるということで、ブルーライトに苦しむ人には朗報です。